十字架ラビアンローズ

BBSやゲストブックが廃れていきましたが、最近では拍手やPatiPatiも同様に廃れかけてしまっているのだろうか?という点についての考えをまとめました。

  1. トップページ
  2. Webサイト構築
  3. 当サイト制作日記
  4. 拍手とかPatiPatiも廃れてしまったのだろうか

拍手とかPatiPatiも廃れてしまったのだろうか

2013.8.26.Mon. 10:51

ふと何となく思ったんでね(´・ω・)

草不可避な話をすると、昔(10年くらい前)は殆どの個人サイトにBBSやゲスブがあったりしたんですよね(´ω`)
僕がネットと出会ったのもそれくらいの頃で、ゲスブに関しては当時の時点で既にあまり見なくなっていたような気もするけど。
メール以外でそのサイトの管理人と意思疎通を図る手段があんまりなかったもんだから、どのサイトに行ってもだいたいコンテンツメニューの最後に「BBS・リンク・メールの3点セット」がお約束のように存在していたりしてw

ところが、気軽にコメントを送る事が出来る拍手、そしてその亜種ともいえるPatiPatiが出てきたあたりから、みるみるうちにBBSが廃れていってしまったような気がする。
でもまぁ、これに関してはそりゃそうだよなぁとも思う。
当時のBBSと比較して、ずいぶんと便利なものが出てきてしまったものだ。
名前入力が必須で、友人同士等よっぽど親しい間柄でない限りは最初と最後に簡潔な挨拶・名乗りも必要で、読書感想文を書くような気分で感想を送らなければならなかったBBSと違って、拍手やPatiPatiは名前入力が任意で、メッセージも「○○にめっちゃウケましたww」なんてものでも良い訳なのだから。
BBSは過去の遺産となったのだ…(厨二臭く)。

しかし拍手が流行してまだ間もない頃から、「拍手数やメッセージに管理人が内心歓喜したりする」だけのコンテンツであった筈の拍手に対して、日記上でメッセージ宛に返信をするというローカルルールが出てきたりして。
あまりに浸透しすぎて、それをするのが当然という雰囲気にすらなってしもうたような気もする。
それが更に発展して、送られてきたメッセージの原文は掲載しない(「>時の方」等)・返信内容は反転表示化させる・ブログの場合は「続きを読む」の中に折りたたむ、なんてルールにもなってきた。
どうしてこうなった…(;・ω・)

で何で表題のような事を思ったかというと、最近、この上記のような拍手返信すらもあまり見なくなってしもうたような気がするなぁと。
拍手やPatiPatiがなくなった訳ではないんだけど、それに対して返信する光景を見かけなくなった。
システムはそのままにローカルルールだけ廃れていったのか、システムは置いているけどそれを利用するという文化が廃れていったのか。
あるいは管理人と意思疎通をするという役割を、Twitterあたりにでも奪われたのか。
でも個人的には、そのサイトについてメッセージを送りたいのであればそのサイト内にあるシステムを利用して送るのが普通だと考えられ、Twitter等で「○○さんのサイトの新着の絵、素敵だったよ!」なんて送ったりするのは何か違うように思うので、拍手とPatiPatiに関しては廃れるにはまだちょっと早いんじゃないのかなぁと思うのであります(´・ω・)

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ