十字架ラビアンローズ

金銭の確保等を考えた結果、フリーランスを辞め、今後はフリーターとして働く事になりました。

  1. トップページ
  2. ライフスタイル
  3. 働く事への反発
  4. フリーターとして働く事になりました

フリーターとして働く事になりました

2015.2.7.Sat. 14:55

昨年11〜12月頃から、今後の生活について色々と悩み苦しみ考えていました。
そして最終的には表題のとおり、今後はフリーターとして働いていく事になりました。

フリーランスとしてやっていくのではなかったのか

本当は今後もずっと、Webサイト制作の仕事をフリーランスでやっていきたかったですとも。
実際クラウドワークスは都度、Webサイト制作の案件が多数公開・更新されています。
理論上はこのクラウドワークス上だけで、案件の受注・制作・納品までの流れを完結出来て、それで金銭を得ていく事が可能です。

しかし実際にクラウドワークス経由で働いてみた感想としては、多分クラウドワークスに限らずオンラインで仕事の依頼や受注が出来るサービス全体で言える事なんじゃないかと思うんですが、劣悪な依頼者がかなりの割合で存在しているように感じられました。
例えば以下のような人達が、実際にいました。

  • そもそもWebサイト制作者の事を過小評価しており、作業量に見合わない非常に安価な報酬で利用しようとする
    (適正な金額を提案すると受注に至らず、提示された金額で受注すると「この程度で利用出来る存在」として認識されてしまうというジレンマの発生)
  • 「あなたに依頼させて頂きたいと思います」と連絡をくれる(=ほぼ受注確定)ものの、「それでは制作に必要な資料や素材の送付をお願いします」と返すと、何故か以後音信不通になる
  • 「全てがオンラインで完結出来る」事がコンセプトである筈なのに、直接会っての打ち合わせをしたいと言って聞かず、しかも依頼者の社屋等でなく何故か外部の喫茶店等を打ち合わせ場所として指定され、更に飲食代を自己負担させられる

直接会っての打ち合わせをしたいという依頼者はかなり多く、受注確定後ならまだしも誰に依頼するかの審査の段階でも打ち合わせをセッティングしてくる依頼者もおり(しかもそこまでしておきながら、受注見送りの連絡の一つもよこさない)、そのたびに交通費や飲食代がかさみました。
応募したからといってその案件が受注に至る可能性は低く(競争率が高いという意味で)、毎日仕事があるとは限らないというのが現状。
また、長くお付き合いさせて頂いていたとある企業から、定期的な更新作業をしてほしいという打診があったにもかかわらず、その後その依頼は1〜2回くらいしか発生せず、やがてその企業とも連絡が途絶え、事実上契約終了状態となってしまっていたりもしています。
せっかくクラウドワークス経由で働こうと意欲的になっていたのに、依頼者側が皆してそのような状態であった為、とてもフリーランスで生活費をまかなっていく事は出来ないと判断せざるをえませんでした。
フリーランスをかれこれ1年半弱ほど続けてきていましたが、最終的な稼ぎはその1年半弱ほどで50万円に届くか届かないかという程度でした。

何故フリーターになろうとしたのか、何故正社員に戻ろうとしなかったのか

フリーランスとして活動してみて、僕は「自分で仕事を取ってくる」のには向かず、「人から与えられた仕事を黙々とこなす」のに向いているタイプであるのだと、改めてしみじみと感じました。
仕事に関しては向上心も開拓精神もないので、安定して金銭を得たいと考えるのならば、誰かにぶらさがりコバンザメのような存在になっている方が良いと思ったのです。

前の前の会社及び前の会社が揃ってあまりにもクズすぎた為、これに懲りて? 反面教師にして? 正社員には二度とならないと、前の会社を退社する時からずっと決めていました。
おかんとも、今後はフリーターとしてやっていきたいという話をしていた事もありましたしね…(実際はその後フリーランスになったけど)。
確かにバイトより給料はずっと良いし各種福利厚生等も整っているでしょうが、僕にとってはそれ以上にデメリットの方がはるかに多いように感じられていました。

  • そもそも受かりにくい(口下手人見知りコミュ障なので面接が殆ど通らない)
  • そして辞めにくい
  • 働く理由が「金の為」としか考えられない為、「会社の発展の為に」「世の中の為に」などというような高尚な綺麗事についていけない
  • 「大勢の中の一人」「代替が利く」という存在でありたく、「あなたがいてくれないと困る」という存在にはなりたくない(重い責任を背負いたくない)
  • 殆ど活用されない(どころか何があるのかもよく分からない)福利厚生の為に、都度給与からの天引きが行われるのが無駄で馬鹿らしい
  • 僕が正社員として入社出来るのはWeb制作業界くらいしかなく、しかし納品期日等に追われて日々残業を繰り返す事になるのはもう嫌だった
  • etc.

その点、フリーターは雇用側にとって、良い意味で存在感が薄くなると思った。
正社員と比較して(あくまで「正社員と比較して」)覚える事も少ないし、過多な責任を負わされる事もないし。
時給換算だから、いざ正社員として入社してみたら実はみなし労働制だったとかそういうブラックな展開にもならず、残業した分はきちんと残業した分の時給が支払われる事になる訳だし。
仮に万が一クビという事になってしまったとしても、正社員からクビにされるのに比べたらまだ傷も浅くて済む(バイト・正社員問わずクビになった事はないけど)。

しかしまあやっぱり、バイトでも、ことごとく面接で落ちまくっていましたねー…。
業務経歴や取得した資格・合格した検定等が完全にPCワーク寄りになっていて、その所為でミスマッチと判断されていたんじゃないかとも考えていましたよ。
最悪、僕は真剣にこの店で働きたい!という思いで来たのに、「あなたは真面目そうだから当店には向かない」「あなたのいるべき場所はここじゃないでしょう?」「金と時間をかけてまで当店にひやかしに来たの?」と、僕の事を上辺だけの勝手なイメージだけで蹴落としているんじゃないかとさえ邪推していた。
真面目な人が損をするというこんな世の中じゃぽいずん。

どういうバイトが良いのか

このたび僕は、漫画喫茶・インターネットカフェ(以下まとめて漫喫で略記)の従業員として採用される事になりました。

今回僕がこだわった業種は接客業。
学生時代にも接客業のバイト経験があったのでそれを活かしたい(とアピールする事でとっとと面接受かりたい)と思った他に、以下のような理由がありました。

  • 表に立つ存在である為、普段どのような仕事をしているのかが、入社前からでも察しやすい
  • 働く場所が「一般客の為の環境」である為、美しく清潔で、モチベーションが上がりやすく維持しやすい
  • 固定されない一般客との会話や店内BGM等音声に溢れており、業務中寂しい思いをしなくて済む
  • 退屈しないで済む、「あと何時間この状態が続くのか…」というネガティブな感情を抱かなくて済む
  • 一般客の来店というものに終わりはない為、「締め切りに追われる」「完成や納品に達するまで残業」というような事がない
  • 自分という存在が何ら特別なものでなく、複数確保されている労働力の一つにすぎない存在でいられる
  • PC作業と違い、難しく専門的な知識や技術を新規に習得しなければならないというプレッシャーが少ない
  • 運動にもなる(笑)
  • 掃除や整理整頓が割と好きなので、それで給料がもらえるのならおいしいんじゃないかと思った
  • 業務内容によっては、まかないや従業員割引を利用出来たりするのがおいしい

こういった接客業の中でも、今回は特に出来るだけ漫喫に絞って応募していました。
とかく働きたくない為、「楽なバイト」とかでぐぐったらたまたまその一つとして漫喫が挙がっていたのが主な理由なんですがw
実際は店舗や立地によりけりでしょうけどねー、僕もそこまで楽さを期待して応募していた訳じゃない。
でもまあ、どうせだったら、興味のある分野で働きたいというものですよ。
都会に出れば想像を超えるようなふつくしい漫喫も色々と存在しているという事を知る事も出来ましたし。
学生時代のバイトが飲食店だったもんで、「飲食店は飯時に非常に忙しくなる」というような、そういう客入りの波が激しくなさそうな業種を希望していたというのはあった。
基本、平坦で変化のないぬるま湯人生をマターリと送っていきたいのですよ…(´ω`)

因みに個人的に、居酒屋・パチンコ店はNG。
そもそも酒やギャンブルに興味ないだけでなく、酔っ払いとかそういう低俗な客を相手にしなければならないというのは負担が大きすぎる。
僕は通りにくい声質をしているので、騒がしい場所での勤務には向いていないというのもあったりもして。
小さい頃から、親父の仕事の都合上電話というものを取らせてもらえなかった為に、電話を取るという経験が極端に不足しており電話恐怖症となってしまっている為、カラオケ店やコールセンターもNG。
そして単純作業系もNG。
最初はちょっと興味あったんですけどねー、バイト体験談を漁ってみたら色々と酷かった。
「外国人も多い」「現場に向かうバスに乗りながら、脳内でドナドナが流れる」「現場で平気で罵声が飛ぶ」「やたらおっさんが威張り散らしたり、おばさんが下世話な噂話で盛りあがったりしている」「カイジの地下強制労働施設のようだ」等、散々な言われようでしたw
だから単純作業などというもので時給が高いのか…と、闇を垣間見た瞬間でした。

一般事務を検討してみた時の話

上述とは別に、こういう路線に進んでみるのも可能性としてありなんじゃないかと考えて、一般事務のバイトを検討してみた事がありました。
オフィスワークならトイレに行きやすいし、シフトが固定で、事務とあらば残業も殆ど発生しないというところも多いし。
(実際前の会社でも、事務職はだいたい定時に退社出来ていた)
Web上の適職診断みたいなものでも「チームプレイよりスタンドプレイが向いている」「ルール等がきっちりとした仕事をするのに向いている」等のように言われ、それはしっかり当たっていると思っていたし。
(でも金融とか保険とか確定申告とかそういうのはリアルに頭痛がするレベルで訳分かんなくて苦手)
これまでの経歴上PCが得意であった事もあり、一般事務のバイト面接を1回だけ受けてみたら、そのたった1回で採用が決まりました。
しかし以下の理由により、もったいないけれども、その採用の連絡はこちらから断ってしまいました。

  • オフィスが一般のマンションの一室(しかもアパート並に狭い)
  • その一室で、常におじさんと二人きり
  • そのおじさんが所要で外出となると、たった一人で留守番となる
  • とにかく電話応対が多い(二人ないし一人きりだというのに…)
  • 案の定、BGM等はない
  • オフィスワークだというのに、基本的に年中無休
  • SkypeやDropboxを活用していく事になる(チャットやクラウドの類に対して異常に恐怖症)

僕は今後フリーターとして長期的に働いていきたいと考えている為、「ここで長期的にいて本当に大丈夫なのか」というのをとても重要視していました。
面接を受けただけの段階で危機感を覚え、それが継続して勤務していくうちに改善されるとは到底思えなかった為、それを理由として辞退させてもらいました。
世間から隔離されてしまうかのように思えてしまうようなところで働いていくのは、とてもつらいもの…。

また事務の仕事は、まず人材派遣会社に登録し、そこから客先に派遣されていく…という形での契約となる事が多いようです。
派遣については経験がない為よく分からないでいますが、上述のような「何か異常に不安を覚えた」などという私的でざっくりとした理由で採用の話を蹴ってしまうのは、人材派遣会社に登録されている身では恐らく難しくなってくるのではないだろうか、つまり人材派遣会社への登録は「拒否権の喪失」に繋がってしまうのではないかとも考えていました。
オフィスワークだと何となく「従業員」でなく「社員」というイメージを着せられてしまう感じも拭えず、だったら何で正社員でなくバイトでこんな事しているんだろう??と本末転倒な思いをしてしまう事になるんじゃないかとも思いました。

あとオフィスワークは「一般客」というものの存在を意識していないので、会社によっては社屋がたいして美しくなかったり、必要最低限の音声と環境音しか発せられないという居心地が悪く息苦しい環境であったりする事も多いでしょう。
下手したら典型的な団塊の世代が牛耳っているような会社で、無意味な朝礼スピーチ等を強要されるような環境であったりするかもしれない。
貸与される制服ならまだしも、オフィスカジュアルなどというよく分からないドレスコード(?)に従った服を自腹で購入しなければならないというのも腹が立つ。
(因みに前の前の会社ではこれに内心ブチギレて、女性だけどバリバリの男物のスーツ着てネクタイ締めて勤務するというパンク期を迎えていた)


そんな、ここ最近の事でありましたねー…。
毎月家に生活費をちゃんと入れているんですが、おかんから「1万円少なくしようか…?」と心配されたり等して、とても心苦しい時期がずっと続いていました。
最早心身を破滅させてしまう制度としか思えない正社員には二度と戻りたくなく、しかし自分が安心出来ておかんにもなるべく心配をかけさせないようにしたい、それでいてニート化してもなおカツカツで必死で貪欲に求め続けた時間も確保していきたい、それらの考えを出来るだけ両立していく為にフリーターの道を選んだ…という感じですかね。
ただ僕は「ひたすら趣味の為に生きていたい」「結婚したいとも子供が欲しいとも思わない」「流行や新しいものを欲しいとも思わない」という、言ってみれば草食系やさとり世代のような淡白な思考の持ち主である為、人並みに家族を持ちたい・豊かになりたいという思考の方が上回る人にとっては、正社員よりフリーターとして生きていきたいという僕のこの考え方は向かないでしょう。
あまりこういう事を言うのも何ですが、現代日本においては、女性は男性と比較して非正規雇用による業務従事者の割合が多く、ゆえに落ちぶれた・社会人なりそこない等の風刺の目で見られる事も少ない(と思う)ので、逆にそういう風潮の中でしたたかにかつマターリと生きていこうじゃないかとw

因みに働き始める事で、「金はそれなりに手に入り時間はそれなりに失われる」という生活に入っていく為、誠に残念ですが、各種ポイントサイトの利用はゆるゆると終了の運びとさせてもらっています。
既にいくつかのサイトは退会済み、それ以外も一定数ポイントが貯まったら換金して退会の流れとなります。
その為、今後各種ポイントサイトで新ゲーム追加等の更新がなされても、当サイトではそれらの情報を網羅し掲載内容を刷新させていく事は出来なくなります…申し訳ないです。

という訳で、今後は今まで以上に更に時間を確保しづらくなってきてしまいますが、このサイトは引き続き興味の赴くがままに自己発信をしていく場として運営を続けていきますので、今後ともどうぞ宜しくね(´・ω・`)

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ