十字架ラビアンローズ

自分のメンタル面についてプチうつを疑い、一度だけメンタルクリニックを受診してみましたが、それでもろくな結果になりませんでした。

  1. トップページ
  2. ライフスタイル
  3. メンタル
  4. 僕の性格改善はメンタルクリニックをもってしても駄目だった

僕の性格改善はメンタルクリニックをもってしても駄目だった

2013.6.27.Thu. 08:36

前の会社を辞める少し前に、一度だけメンタルクリニックに行ってみた事がありました。
定期使えるうちにと思ってw

僕は小さい頃からとにかく「人」に恵まれなかった為、とにかく卑屈でひねくれていて刺々しくて人間不信で…という性格に育ちました。
他にも色々何やかんやあったりして、ある日、僕はいわゆるプチうつなんじゃないかと思うようになっていったのでした。
うつ病とまではいかないものの、恐らく精神面に何らかの侵食・欠落があるのではないかと。
という事で、自宅から行ける範囲内で何か良さげな感じのメンタルクリニックはないものだろうかと探した訳ですね、前の会社の業務中に(……)。
(因みに、自宅近隣には何故か精神病院しかなかった…)

しかし残念ながら、これも要領を得なかった。
初めに若い女性の看護師さんが応対してくれて、自分の精神面がどんな状態であるのかについて色々と話しました。
殆ど「うん、うん」としか返してくれなくて、面接みたいであまり気分良くなかったですけど、まぁそれなりに優しそうな雰囲気の人でしたよ。
で、そこで話した内容がカルテにまとめられて、それを元にして男性の院長先生との話になったんですが、それがあかんかった。
仮にもメンタルを取り扱う施設の院長だというのに、無愛想で圧迫的で、更にカルテ持っている筈なのにさっきと同じ事ばかりを質問してくる。
この人との会話はただただ「威圧された」という印象しか残らなかった。
そんな悪印象だったんで、受付の人に「時間都合的に次の受診は会社辞めてからになりそうです」と伝えて、以来それっきり。
正直何の解決にもならなかった、どころか時間をドブに捨てさせられたと思った。

という訳で、僕の現在の精神状態がかようなものであるのかについては、結局今でも分からないまま。
プチうつなのか否かも定かでない。
しかし決して良い状態ではないという事は確かですね、小学1年生の頃からの年季の入ったすさみ具合なんで。
会社辞めてニート化して殆ど人と会わなくなった今でもなお、フラッシュバックしたかのように「思い出し憎悪」が止まらなくなりますし。
O型が明るい・おおらか・大雑把だなんて大嘘ですよ。

なお僕の「とかく人に恵まれない」あたりについての話は、また別の機会にという事で…。
会社勤めしていた時の話(その1/その2)に勝るとも劣らないドロッドロぶりなんで、ずっと蓋をしたままにしておいた方が良さそうだとも思う(苦笑)。

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ