十字架ラビアンローズ

「私はきのこの山派」「私はたけのこの里派」と主張する人は何故か、自分の好きなものをPRするより、相反する意見の人をdisる事に集中する人が多いように感じるのです。

  1. トップページ
  2. ライフスタイル
  3. メンタル
  4. きのこ派・たけのこ派を主張する人はdisりたがりの性格である

きのこ派・たけのこ派を主張する人はdisりたがりの性格である

2014.7.25.Fri. 14:26

きのこの山とたけのこの里のどちらが好きか、いわゆるきのこたけのこ論争である。
これに関し、個人的意見だけれども、コミュニケーションの一環として「きのこの山とたけのこの里、どっちが好き?」と訊いてくる人はほぼ間違いなく、自分と異なる意見を持つ人を徹底的にdisる性格であると見ている。
同じ派だったら意気投合しようとし、違う派だったら所詮その程度であったのだと縁を切りかねないほどに。

どっちも同じメーカーのチョコレート菓子だし、自分が好きだと思う方ではない方のお菓子だって、別にまずいとは思っていない筈である。
「きのこもおいしいと思うけどたけのこ派」「たけのこもおいしいと思うけどきのこ派」というだけの素朴な意見の筈なのに、何故かやたらと相手グループをdisりたがる。
「きのこのチョコレートの塊な感じが好き」「たけのこのあのビスケット食感が好き」等、自分が好きなポイントを主張すればいいだろうに、「○○の魅力が分からないなんて人生損してる」「だって○○××じゃん」等、何故か相手側の問題点(と思い込んでいる)を指摘し非難する方に全力を傾けている。
下手すると、「私が○○を好きだと言っているのに私と同じ意見でないなんて、あなたの味覚はおかしい・間違っている」という、人格否定の域にまで達しかねない。
実に不毛な争いである。
応援しているスポーツのチームの食い違い等、勝負事に関する事であるならばまだしも、何故たかだか200円もしないようなお菓子の事で、そんな全面戦争のような言い争いをしなければならないんだか…。

とまぁそんなきのこたけのこ論争の醜さが嫌いなので、基本的に僕はどちら派であるのかについては非公開とさせてもらっている。
ついでに、DQ5ではビアンカ派かフローラ派かという件についても非公開としている。
自分はこっちが好きだ、と発言するだけで反対グループからいわれのない集中砲火を浴びせられるのはごめんだ。

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ