十字架ラビアンローズ

時間が惜しすぎて「生活」さえも億劫になってしまい、またそれをこじらせすぎて食欲減退にまで陥ってしまったりした時の話です。

  1. トップページ
  2. ライフスタイル
  3. メンタル
  4. 食事・料理が面倒くさくてしかたない

食事・料理が面倒くさくてしかたない

2013.6.12.Wed. 07:44

僕はとにかく創作が趣味・生き甲斐であり、それを叶える為に必要な「時間」に常に飢えています。
加えて考え方が極端でピリピリした性格である為、創作(とあとゲームとか)以外のあらゆる物事にかかる時間はとにかく切り詰めたり省いたりしないと気が済まない。
そしてそれでピリピリがピークになると、飯・風呂・就寝すらも邪魔・余計としか感じられなくなってしまうという。
「飯食うより創作していたい」「風呂入る暇があるなら創作していたい」「寝るくらいなら創作していたい」といった感じで。
会社勤めしていて死ぬほど時間がなかった時の口癖は「生きてる暇がない」でしたからねー(´_ゝ`)
もちろんそれでは生きていけないのでしかたなく「生活とやら」をしている訳なんですが、本当面倒くさくてしょうがない。
すれまくってやさぐれると「生きるのが面倒くさいから別に生きていなくてもいいかなー」とか思ったりするくらいには。

そんな僕なんで、先日からある程度の家事をするようになったものの、とにかく料理をする事が面倒くさくてしかたない。
言っても僕もクリエイターなんで、創作物に対しては惜しみない時間と労力をつぎ込む訳ですが、料理というものはせっかくそうしてやっと作りあげても食べてすぐに失われてしまうものなので、そういう「すぐに無くなるもの」に対してはどうしても作ろうかという意欲が湧かないのであります。
そしてそんな「料理したくない」という僕の強い意思を反映してか、作ったとしても大概おいしくない。
おかんの指示どおりに炊飯器で炊いた筈のごはんが水っぽかったりサーモンピンクになっていたり。
カップラーメンさえも、自分が作ったものはたいしておいしくないように感じる。
そしてそんなカップラーメンと比較して茹でたり鍋洗ったりするのが面倒だからという理由で袋入りインスタントラーメンの存在を億劫に感じるほどに料理が嫌い。

2年ほど前におかんが3週間くらい実家に里帰りし、その間は僕もしかたなく家事をやるようになったんですが、やっぱり面倒くさくてしかたない。
「自分が料理を作らなければいけない」「しかも作ったとしてもおいしくない」という強い思いが重くのしかかり、その所為で食欲まで減退してしまった。
規則正しくしていないと気が済まない生真面目人間なもんで、そんな状態でも一応一日3回何らかを口にしてはいたんですが、如何せん食欲が湧かず、それを少しでも改善する為に大型のショッピングセンターに行った訳ですよ。
しかし食品売り場やフードコートを1周し色んな飲食物を見てきても、何一つとして食べたいと思えるようなものがない。
最終的には苦肉の策的にたこ焼きを選んだんですが、気持ちが重すぎて、とうとう人の作ったものさえもおいしく感じられなくなってしまったという。
その後数日かけて時間を薬にして何とか普通の食欲に戻りましたが、本当あの時が食関係で一番病んでいた時期でしたねー(´_ゝ`)

今も、自分で料理をしなければならないんだったら一食くらい抜いても何とかなるかなー…と考えたりとかしている。
一日中家の中にいて大概PCの前から動かないし、身長から測定される平均体重を常に下回っているというのが信じがたいほど贅肉が酷いし、食費も浮くし…とか考えたら、それもアリかなって。
その昔アニメがんばれゴエモンでドクタームダナシが、スーパーで買い物しながら「食事をしないと生きていけないなんて無駄だ」というような事をぶつくさ言っていたのに禿同していたくらいなんで(……)。
うーん、ほんまにどうするかなぁ(´・ω・`)

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ