十字架ラビアンローズ

MDが再生出来なくなってしまうその前に! MDの録音内容をPCに簡単に移行し、他の各種音楽再生アプリケーション等で再生可能にする手順を詳細に紹介します。

  1. トップページ
  2. ライフスタイル
  3. ライフハック
  4. MDの録音内容を数分で簡単にPCに移行する方法

MDの録音内容を数分で簡単にPCに移行する方法

2014.5.26.Mon. 05:20

MDに録音されている内容を、1枚あたりほんの数分の作業で、丸々PCに簡単に移す事が出来る方法を紹介します。
MDそのものが市場から少しずつ淘汰されてきてしまっている今、MD再生さえもが困難になってしまうその前に、MDの録音内容をPCに移行し、引き続きその録音内容を楽しめるようにしておきましょう。
何といっても、「『移行にかかる時間=録音されている時間』ではない」というのが大きなポイント!

必要なもの

  • SONY MZ-RH1
  • x-アプリ
  • iTunes(PC取り込み後音源を変換するのであれば)

「SONY MZ-RH1」とは?

PCにUSB接続する事が出来るという、恐らく唯一のMDプレイヤー(ウォークマン)。
ブラックとシルバーの2種類があります。
ただし現在では生産されておらず、各種オークションにおいても非常に高値が設定されている事が多いです。

その為、3日〜1週間くらいのレンタルを展開している業者等が存在しています。
MDの録音内容をPCに移行する間のみ利用する事になるかと思いますので、比較的安価で済むレンタルをおすすめします。
レビュー等をよく読んで、どの業者からレンタルするのかをじっくり吟味しましょう。
レンタルであればおおむね2000〜5000円くらいで利用出来ます。

下準備

機器を入手出来たら、説明書は「充電する」(P14〜15)・「パソコンに接続する」(P22〜23)あたりを読んでおけばOK。

OSにより多少異なりますが、Win7の場合であれば、x-アプリiTunesをインストールしておきます。
MD音源はx-アプリによりwavファイルに変換される為、その先の変換作業においてはiTunesに限らず、任意の音楽ファイル用アプリケーションでも構いません。

取り込み手順

  1. MDを機器にセットします。

  2. 機器とPCをUSB接続します。
    なお説明書にもありますが、この時、USBハブを経由して接続してはいけません。

  3. x-アプリを起動し、画面左下の「機器へ転送」をクリックします。

  4. 画面が2ペインになります。
    このうちの右ペインのプルダウンにて、「“MDウォークマン”[MZ-RH1]」が選択状態になっている事を確認します。

  5. 右ペインに、MDに録音されている曲目の一覧が表示されます。
    この中から、PCに移行したい曲目を選択し、画面中央の「←」をクリックします。

  6. 数分経過すると、左ペインに、PCに移行した曲目の一覧が表示されます。
    MDから吸い出したばかりの音源は「oma」という拡張子のファイルになっています。
    左ペインに表示されている曲目を全て選択して右クリックし、「WAV形式で保存」をクリックします。
    1〜2分で、指定したフォルダにwavファイルが生成されます。
    「MD音源をPCに移行する」という作業自体はこれにて終了です。

  7. wavファイルは非常に重いので、各種音楽再生アプリケーション等に移行するにあたっては、ここから更にmp3ファイルに変換するといいでしょう。
    iTunesを開き、「編集>設定」と辿り、「一般」タブの中の「インポート設定」をクリックします。
    そして「インポート方法」のプルダウンの中から「MP3 エンコーダ」を選択します。

  8. 「ファイル>ファイルをライブラリに追加」を選択し、x-アプリで生成されたwavファイルを全て開きます。

  9. iTunesに追加されたwavファイルを全て選択して右クリックし、「MP3バージョンを作成」をクリックします。
    数分でmp3ファイルが生成されます。

  10. 必要なければ、omaファイル(とwavファイル)を削除します。
    また、x-アプリとiTunesからも曲目の一覧を削除します。

「SONY MZ-RH1」はしばしば「READ ERROR」が発生する

機器にMDをセットした際に「READ ERROR」が発生する事がよくあります。
殆どはもう一度セットしなおしたり、あるいはプレステよろしく機器を傾けてみたりする事で、ちゃんと読めるようになります。
しかし中にはどうしても何度試しても読み込んでくれないMDが出てきたりするのですが、何がいけないのかについては正直なところよく分かりません。
同じSONY社の別のMDコンポ等で録音したMDであってもそれは変わりません、機器とMDの相性が悪かったと思うしかないようです(´・ω・`)
ただし、あまりにも多数のMDで「READ ERROR」が発生するようでしたら、機器の方に問題がある可能性もありますので、レンタルであれば一度業者に問い合わせてみてもいいでしょう。

ひとしきり取り込んだら視聴確認を!

MDの録音内容をPCに取り込み終わっても、まだ安心は出来ません。
取り込んだ録音内容は、ごく稀に音飛びや音割れが生じている可能性があります。
面倒でもひととおり再生して実際に聴いてみて、問題ないと判断出来たところでようやくCDに焼く等して保存しましょう。

また、外部機器で再生した内容をMDに録音した場合、作業過程のどこかで曲の切れ目が誤認されてしまうのか、曲の最後の0.5秒ほどの部分が次のトラックの頭の部分に来てしまう事があります。
(市販のCDの内容をそのままMDに移した程度であれば、多分特に問題ないかと思います)
曲の前後にしっかりと無音が入っていないとこういう事になってしまうようですので、くれぐれも注意して下さい。

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ