十字架ラビアンローズ

バイキングを存分に満喫する為のちょっとしたコツを紹介します。ささやかなコツでバイキングをより楽しいものにする事が出来るかもしれませんよ?

  1. トップページ
  2. 日常日記
  3. グルメ
  4. バイキングを堪能するちょっとしたコツ

バイキングを堪能するちょっとしたコツ

2013.8.20.Tue. 15:07

おかんとバイキングに行ってきました!ヾ(*・ω・)ノシ
家から歩いてでも行けるくらいの隣駅前なんで、やっぱり店舗情報とかはショナイなんですけど(苦笑)。

しかしこれだけではただの「うまそげな写真、以上」なので、僕なりのちょっとしたバイキング攻略を記しておくですよ(*・ω・)φ
これくらいでは攻略とは言わない・これくらいなら僕も私も普通にやってるとか言わない。

最初は何も取らずにぐるっと一回り

どこに何があるのか・特に気になる料理は何か等、ある程度目星をつける為に、初めに料理をざらっと確認します。
ぐるっと回っておくと、例えば栗おこわを見つけてテンション上がってよそったその先に実はカレーがあった、なんて事にならずに済みます。

そして料理だけでなく、食器にも目を通しておきます。
なのでこの最初の一回りにおいては、料理はもちろんの事、食器にさえも手を出さない。
後になって、今手にしている食器よりも有用な食器を見つけてしまったらショックですからねー。

食器選びのポイント

利き手と逆の手に持つ一番大きな食器は、あれば、細かく仕切られている大きな皿にしておきましょう。
ない場合は、皿ではなく、デザートを盛るような小鉢とかお碗とかを複数個トレイに乗せると良いでしょう。
お箸やスプーン等は邪魔になるので後回し、もしくは料理より先に確保してさっさと机に置いておきます。

「外食ならでは」といえる料理を優先的に取る

せっかくの外食なんですから、例えばスクランブルエッグとかから揚げとか、そういう家とかスーパーの惣菜コーナーとかでも食べられるようなものは控えておきましょう。
ただし普段と違うもの・家だと面倒くさいと感じるものを食べるという意識で、例えばサラダにヤングコーンとか各種海藻を乗せたりするのはアリだと思います。

あと当たり前の事を言いますが、料理はほんのちょびっとずつだけ取るようにする事。
物足りないくらいでちょうどいい。
せっかくのバイキングなんだ、色んな料理をよりどりみどりつまみ食いしてみたいじゃないか(c・ω・)

カスタマイズに挑戦する

隣同士に置かれていない料理を組み合わせて食べると上級者(多分)。
例えばこんな組み合わせはどうでしょう(*・ω・)ノ
陳列されている距離が離れているというだけで案外気づかなかったりするものです。

  • サラダ用に置かれているわかめをうどんに乗せてわかめうどん
  • チゲスープをうどんに注いでチゲうどん
  • カレールーをうどんに注いでカレーうどん(うどんばっかか)
  • 白玉だんごや餡子の上にソフトクリームを乗せて和風パフェ
  • フルーツ単品として食べる用に置かれているフルーツやフランスパン等を、チョコレートファウンテンに浸してみる
  • フライドポテトをカレーにディップしてみる(もちろん鍋から直接やってはならん)
  • ドリンクバーのコーラの上にソフトクリームを乗せてコーラフロート
  • etc.

こちら、実際にカレーうどんや和風パフェを作ってみた図。
パフェがほぼソフトクリームで覆われてるけどw
皆さんもこんなバイキングはいかがでしょうかー(*・ω・)ノ

Twitter

アーカイブ

全記事アーカイブ

ブログパーツ

  • アイラブ地元ブログパーツ